topimage

2013-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事ができるまで - 2013.03.31 Sun

独り言がとても多いです。
ソムリエ吉田です。



はい、このブログの記事ですが、いつもお店が落ち着いてる時に文面を立ち上げて、
自宅に帰ってから、パソコンでアップしています。

お客様がいらっしゃらない時は、ネタを捻出するのに紙に向かって「う~ん、う~ん。」とうなっています。


そんな時シェフはというと、全力で仕込みをしています。

20130329_124239.jpg
こんなことや、

20130329_124200.jpg
じゃがいもの皮をむいたり、大忙しです。




かたや私は、

20130329_124120.jpg
こんなんや、

20130329_1239591.jpg
忙しかろうが、キッチンにネタ探し。
手伝いさえしない、ただの邪魔者です。

まあ、そのおかげで定期的に更新させて頂けるワケなんですが、ちょっとはキッチンを手伝えるよう
発想力豊かな人間になりたいと思う、今日この頃です。






はい、桜です。
20130329_124021.jpg
先日、休憩時間に一人でふらっと行った時のものですね。
壮観ですね。

残念ながら、週末はあいにくの天気になってしまいました。
けれど、たくさんの方が花見にいらっしゃってました。
桜という花は、日本人にとって特別な花なんだとつくづく思いました。



スポンサーサイト

チーズの納品 - 2013.03.27 Wed

褒められて伸びるタイプです。
ソムリエ吉田です。




今日はこちらの5種類
20130326_184402.jpg
左下から時計回りに、

 タレッジオ
 フルム・ダンベール
 デリス・ド・ブルゴーニュ
 クルティン
 エポワス

フランスのものが3つに、イタリアのものが2つですね。
このチーズというものも、切りがないくらいたくさんあります。
いつも何を頼むか、長いこと悩まされます。

今日は久しぶりに取ったものもあったので、まかないの時にちょっと味見も
20130326_184320.jpg

シェフ・吉田 「うーん、ワインが飲みたくなるなー。」


二人がどれだけ飲んだくれか、よく分かる瞬間でした。




さて、桜ですが、先週末の桜並木も
20130326_184521.jpg




今日は、
20130326_184532.jpg
大分、咲いてきました。五、六分咲きくらいですかね。
この調子だと、今週末が見ごろになりそうです。

桜情報 - 2013.03.20 Wed

いつも、荒川の土手っぺりを通って通勤してます。
ソムリエ吉田です。




最近、当店でランチを召し上がってから、お花見に行かれる予定のお客様のご予約が増えてきてます。
そんな方たちが気になるのは、やはり開花状況ですね。
しばらくは通勤のついでに、開花状況をお知らせしていこうと思います。


早速ですが、今はこんな感じです。
20130320_121312.jpg
やっと、つぼみが膨らみ始めたくらいですね。
都内ではあっという間に開花しましたが、こちらはいくらかゆっくりです。


去年は、春の嵐が早く来てくれたおかげで、満開の桜並木を見ることができました。
今年もまた、満開の桜を見れるといいなぁ…。

写真撮影 - 2013.03.14 Thu

ここ最近、強風で家が揺れます。
ソムリエ吉田です。



先日、ホームページに載せる料理の撮影をしました。
全部で6皿ですね。


お昼の営業の後に、フルコースの料理をまた作らないといけないので、
シェフは大忙しです。

最後の料理が出る頃、洗い場には鍋やら、フライパンやら、天板が山積みになっていました。

こういうのを見ると、フランス料理というのは本当に一皿一皿、手間隙のかかるものだなぁ、と思わされます。



さて、ホームページ上でも載っていますが、
20130314_002009 (1)
北海道産のツブ貝を添えたリゾットや


20130314_001933.jpg
こちらのプリンはなんと、「赤ピーマンのプリン」なんです。
ついに、デザートにまで野菜が進出です。


シェフにがんばっていただいた甲斐もあって、いい写真が取れたと思います。



そして、一番の楽しみがこれ!!
20130314_001842.jpg
全て、まかないでいただきました!!
あぁ、幸せ…。

ボトルの形 - 2013.03.08 Fri

先日、実家に帰って久しぶりにテレビを見ました。
覚えのあるCMが一つもありませんでした。
ソムリエ吉田です。



よくよく見ると、ワインのボトルというのは、形がちょっと異なります。

大きく分けて2種類。
20130308_213620.jpg
左が「なで肩」、右が「いかり肩」なんて呼ばれてます。

左側は「ブルゴーニュタイプ」とも呼ばれ、渋みの穏やかなタイプのワインに使われます。

右側は「ボルドータイプ」とも呼ばれ、渋みが強くて、しっかりとした味わいのものに使われます。



では、なぜ形が違うかというと、右側の「ボルドータイプ」のワイン。
熟成につれて、渋みの成分が澱(おり)となって瓶の中に沈殿します。
ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、赤い粉のようなものですね。



20130308_213604.jpg
そしてワインを注ぐ際、上の画像のようにワインを傾けると、肩の部分が澱を止める
"フック"の役割をしてくれるのです。

なので、ボトルの形状で、そのワインが渋みのしっかりしたものか、そうでないかを見分ける手助けにもなります。



あと、ボトルの色にも理由があります。
ワインは光に弱いので、光を遮るために色を付けています。
逆にボジョレー・ヌーボーなどの早飲みワインは、熟成させる必要がないので、透明の瓶に詰めて出荷されます。



まあ、こんなうんちくも、得意げに言い過ぎると、ただただ煙たがられるだけなので、
ほどほどにすることをお勧めします。

春が来た! - 2013.03.05 Tue

世界で一番寒い町(ロシアにあるそうです。)の最低気温は-66℃だそうです。
私には耐えられません。
ソムリエ吉田です。



春野菜がちらほらと動き始めましたね。

久しぶりに、季節野菜のテリーヌが、前菜に帰ってきました。

20130305_191746.jpg

吉田 「いい色してますねー。」

シェフ「だろ?切った時、思わずにやけちゃった。」



そんなシェフ、自信作の春色のテリーヌです。


熊谷産のキャベツ、菜の花、にんじん、長ネギ、ほうれん草、カブ、しいたけ。
そしてお隣の深谷のグリーンアスパラ。
さすがにサーモンは埼玉では取れないので、ノルウェー産です。
全部で9種類の食材が詰まってます。


自家燻製をかけたサーモンと一緒に丸一日、押し固めるので、テリーヌ全体が燻しがかって、
さわやかな仕上がりになってます。


気づけば、外の杏にもつぼみがちらほらと、
早く暖かくならないかなぁ…。
20130305_191758.jpg


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アコモデ

Author:アコモデ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

シェフの独り言 (2)
料理 (46)
ワイン (22)
フェアー・イベント (1)
about us (32)
未分類 (56)

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。