topimage

2013-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月10日(土)の営業のご案内 - 2013.07.28 Sun

気づけば、今月は一度も料理の写真を載せてないなぁ。
ソムリエ吉田です。



さて、またまた営業のお知らせです。
熊谷花火大会の日の営業のご案内です。

この日のディナータイムのみ、17時からの営業とさせて頂きます。
また、お車でお越しの方は花火大会の間も、当店の駐車場にお停め頂けます。


去年は、昼過ぎには周辺の駐車場が、全て埋まっていました。
お車でいらっしゃる方にはとてもお勧めです!


それでは大変恐縮ですが、7/29~7/31の間、夏休みを頂きます。
ご予約は休みの間も、受け付けてますのでお気軽にお問合せください。


A bientôt!
20130727_220743.jpg
スポンサーサイト

チーズの納品 その2 - 2013.07.21 Sun

うちわ祭り?もちろん一人ぼっちです。
ソムリエ吉田です。



20130720_223956.jpg
今日は初めて取ったものもいくつか。


手前の四角いものは「キュレ・ナンテ」
シェフがいつも仕上げで使っている「ゲランドの塩」で回りを洗って仕上げたウォッシュタイプのチーズ。


一番上のものは「ピエール・ロベール」
ねっとりとした、バターのような濃厚な味わいの白カビのチーズ。
イル・ド・フランス地方、パリのすぐ東側で作られています。


右にあるのは「セル・シュール・シェール」
ヤギの乳から作られた、「シェーブルチーズ」と呼ばれるもの。
出来たチーズに、ポプラの灰をまぶして熟成させるチーズです。
シェーブルの中では癖が少なく、さわやかな風味が特徴です。

そして、一番左は「ロック・フォール」
イギリスの「スティルトン」、イタリアの「ゴルゴンゾーラ」と並ぶ、三大ブルーチーズの内の一つです。
フランスで最古のチーズでもあります。
ピリッとした刺激が病みつきになります。


早速、味見を。





20130720_224014.jpg
!!?

いや!「キュレ・ナンテ」がチーズの辞典に「日本酒とも相性抜群!」
て、書いてあったんですよ!

いや~、さすが!余念がありません我々も!!
これも勉強です!仕事です!!


こうして、飲んだくれのいるところには、不思議とお酒が集まってくるんですねぇ。

テーブルマナー for men - 2013.07.17 Wed

今回はかなり長文です。
ソムリエ吉田です。



20130716_201509.jpg
・ナイフ、フォークは外側から使う。
・フォークで料理をすくう時は、背の部分にのせる。(←これ、実は間違いです。)
・スープを飲む時は音をたてない。


色々とありますが、絶対こうでないといけない訳ではありません。
むしろ、お食事を楽しんで頂けた方が、我々としてもうれしいです。


ですが!


ここからは男性のためのテーブルマナー。
全て何気ないことですが、これが出来る男性はかなりのジェントルマンです。
是非、ご覧頂きたいと思う次第であります。


まず初級。
「入口は女性を先に通す。」

エスコートですね。戦いはもうここから始まっています。
これはクリアされてる方もたくさんいらっしゃると思います。
まだの方も、恥ずかしがらずに頑張れば大丈夫。


そして中級。
「サービスマンが見える側の席に座る。」

オーダーを頼む時は男性が呼ぶもの。いちいち振り返ってサービスマンを探しては二人の時間がもったいない。

さらに!この中級にはこんなメリットもあります。
例えば、お誕生日のサプライズにバースデーケーキを用意しました。
背を向けている相手の方は、直前までそんなものが用意されているとは気づかない。まさにサプライズ!
もし逆に座っていたら、もう丸見えです。
最悪、相手の方に気づかない振りをさせる破目になります。


最後の上級。
「相手より先に食べ終わらない。」

これは一番何気ないことですが、とても重要です。
おいしくて、食がついつい進んでしまっても、一口か二口残しておきましょう。男は我慢です。
自分は食べ終わって、ゆっくり待っているつもりでも、
「早く食べなきゃ。」と相手の方に気を遣わせてしまうかもしれません。
二人仲良く、同時に食べ終わるのが理想です。



以上、マニアックなテーブルマナー for men でございました。
何かの機会に役立てて頂ければ幸いです。
20130716_202033.jpg

熊谷のデスヴァレー - 2013.07.13 Sat

ここで一句、

「熱中症 手足の痺れは 要注意」

ソムリエ吉田です。



20130711_193821.jpg
今年も熊谷の夏がやって参りました。
夏生まれの私でも、夏が大嫌いになりそうな暑さです。
とにかく日差しが痛い。

ですが、世の中には上には上がいますね。
世界最高気温をたたき出した、カルフォルニアのデスヴァレーでは今年も54℃を記録したとか。
熊谷が涼しく感じそうなくらいの気温です。

こりゃあ、「暑い、暑い。」ばかり文句を言ってる場合じゃないなと思ったら、
厨房から、

シェフ「暑い、あちぃーなー、あー暑い。」


もっと言ってる人がいた。



吉田「何言ってるんですがシェフ、世の中にはね…」
と、ちょっと厨房へ行くと、


吉田「暑っ!」


慌てて厨房の温度計を見ると、
20130711_193837.jpg
デスヴァレー超えてる…。

そりゃ無理だな、うん。

Vacance - 2013.07.06 Sat

初めて父親と一緒にお酒を飲んだ時、少し大人になった気がしました。
発泡酒でしたけどね。
ソムリエ吉田です。



まず、申し訳ありません。
7月初めのブログは、お休みのご案内です。


7月29(月)、30(火)、31(水)日と夏休みの為、お休みとさせて頂きます。



そう、バカンス!
DVC00103.jpg(※写真はイメージです)
フランスだと、1ヶ月も休むレストランが結構あります。

シェフと2人で、「どうやって生計立ててるんだろう?」と、よく話します。

逆に、ニースやマルセイユなどの観光地は日本と同じで、逃げ出したくなるほど、忙しくなるそうです。
バカンスからの帰宅ラッシュは、「世界一の渋滞」とも言われてるそうです。
どうやら頑張っているのは、日本のお父さんだけではなさそうですね。


えー、申し訳ありませんが、我々も3日間のバカンスを頂きます。




引きこもりの私としては、連休というのは最大の敵なんですが、今回は外出しようと思います。
久しぶりに勝沼にでも行ってこようかなぁ。
DVC00123.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アコモデ

Author:アコモデ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

シェフの独り言 (2)
料理 (46)
ワイン (22)
フェアー・イベント (1)
about us (32)
未分類 (56)

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。