topimage

2013-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠出 - 2013.08.29 Thu

夏休みに行かなくてよかったー。
ソムリエ吉田です。



♪は~るばる来たぜ…、



20130828_190842.jpg
はい、勝沼に行ってきました。


また完全な私事です。


鈍行に揺られ3時間、海のない埼玉から、また海のない山梨へ。
8月最後のお休みでした。


もちろん、目的はワイナリー巡りです。

私のことを「おっさん」と呼ぶ後輩と、
どんな時も朝まで飲むのを付き合ってくれた先輩との3人旅でした。


まずは丸藤ワイナリーさんのブドウ畑に行き見学を。
20130827_011628.jpg
(※別にやる気がないワケじゃないですよ、日差しに弱いんです。)


20130828_184638.jpg
これは、カベルネ・ソーヴィニヨン


20130828_184724.jpg
これが、メルロ


20130828_184704.jpg
そして、プチ・ヴェルド

すべて違う品種なんですが、パッと見ではよく分かりません。
けれど、成熟の差もありますが、味にはちょっとした違いを感じました。
(↑ちゃんと許可を頂いてから食べてました。)

これがワインになるんですから凄いですよね。


そして、テイスティング
20130828_184747.jpg


こちらの勝沼酒造さんでは、実に15種類のワインを
20130828_184807.jpg
甲州ワインが多かったんですが、
生産者、地域別にワインを造っていらっしゃってて非常に面白かったです。

両ワイナリーとも素敵な方たちばかりで話も弾み、




結局、この2件しか回れなかった…。



けれど、素晴らしいワインも何本か購入し、
ランチはビストロ、ディナーはレストランでご馳走と地ワインを頂き、有意義な一日でした。





そう、財布の中身を見るまでは…。
スポンサーサイト

熊谷のお米 - 2013.08.22 Thu

見た目とは裏腹に、晴れ男です。
ソムリエ吉田です。



20130821_233836.jpg
当店のスペシャリテ化しつつあるリゾット。

そんなリゾットのお米も熊谷産の"キヌヒカリ"を使用しています。
以前、このブログに登場した森川さんから頂いているんですが、これがおいしい!


かつては「石原米」と呼ばれる、良質なお米が作られていたそうです。
土壌としても適しているんでしょうね。


さて、このキヌヒカリですが、
なんと!作付面積が全国でも5位の品種なんです!意外とやり手です。

特にお寿司屋さんに人気が高く、
「光沢がよく、味や粘りが控えめでさっぱりしているので、ネタの邪魔にならない」
う~ん、なるほど。


こうして知っていくと、素材の品種、個性、味と…、なんかワインみたいですね。
なので、最近では「ボジョレ・ヌーボー」ならぬ「お米・ヌーボー(←新米のことです、ごめんなさい)」も
楽しみな、今日この頃です。

おいしいものの底力 - 2013.08.17 Sat

500円玉貯金、始めました。
ソムリエ吉田です。



20130817_213225.jpg
「そんなに量が食べられない」

食べる量は人それぞれ。
こちらもポーションを小さくしたりして対応しています。

ですが、そんな対応も意味がなくなる、うれしい出来事が時に起こります。



先日、「小食で、いつも残してしまう。」という方がいらしました。

しかし、そんな心配をよそに、
お連れの方より早く食べ、パンもおかわりして、こっちが「あれ、大丈夫かな?」と思っていたら、
「おいしい、おいしい。」を連発しながら、なんと完食。

当の本人も驚いてる始末です。


ですが、そんな小さな奇跡が私たちにとってささやかな幸せにもなります。20130817_213238.jpg



けど、この前牛丼屋の特盛を食べてる時、ふと思ったんです。



「うちのお客さん、絶対これより食べてるよなぁ。」



いやー、おいしいものの力はすごい!!

ガロニチュール - 2013.08.15 Thu

日本一じゃなくなっちゃいましたね。
ソムリエ吉田です。



"付け合わせ"という意味を持つこの言葉、よく「ガロニ」と略して呼ばれたりします。

HPのトップにも書いてある様に、地場野菜をふんだんに、付け合わせとして使っています。


このお皿、
20130814_231912.jpg
さて、いくつの野菜が分かるでしょうか?



全部で10種類。
つるむらさき、スティックセニョール、インカのめざめ、シャドークイーン、
オクラ、モロッコインゲン、ズッキーニ、
コリンキー、プッチーニ、とうもろこしのガレット(←まあ、これは無理ですよね。)


何やら冗談みたいな名前もありますが、れっきとした野菜です。

コリンキーとプッチーニはかぼちゃの仲間です。
左上の黄色いものがコリンキー、
一番手前の三日月がプッチーニです。

スティックセニョールはご存知の方も多いですね。
一番上のものがそうです。
ブロッコリーと中国野菜を掛け合わせた新種の野菜です。

そして、全て熊谷で作られた野菜です。



時々メインが野菜で隠れてしまって、野菜炒めみたいになってる時もありますが、

「今日はたくさん食べちゃったけど、お野菜もいっぱい取ったから大丈夫。」

なんて、自分に言い聞かせることができる、一皿となっております。
えー、皆様のご来店、心よりお待ちしております。



ワインリスト - 2013.08.07 Wed

えー、夏休み。どこも行っておりません!!
ソムリエ吉田です。



一応、都内のフレンチには行ってきたんですけどね…。
ほぼ熊谷にいましたね。


さて、レストランに行った時の最大の敵と言っても過言ではないでしょう。
20130807_010901.jpg
ワインリスト

うちのお店は、テイスティングコメントも付けているので、
自分の好みに合いそうなものをお選び頂けるようになってます。


しかし、やさしくない所では、アルファベットの表記しかないお店もあります。
最初はワインの名前を必死に読もうとしますが、すぐに諦めて、金額をだけを見て決めるのが関の山です。

しかし!ちゃんと「全く分からなくても、スマートにワインを注文する方法」はあります。
どちらかと言えば、男性のための注文方法ですかね。


1、まず、そんなワインリストを渡されたら、慌てずに一通り金額を確認します。

2、そして、自分の予算に近い数字を見つけたらソムリエを呼び、その数字を指差しながら

3、「これくらいのもので、今日の料理に合うものをお願いします。」

こうすれば、ソムリエにとんでもない金額のワインを売りつけられることもなく、
相手に頼んだワインの金額も知られることなく、料理に合うワインがテーブルにやってきます。

以上、最大の敵との戦い方でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

アコモデ

Author:アコモデ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

シェフの独り言 (2)
料理 (46)
ワイン (22)
フェアー・イベント (1)
about us (32)
未分類 (56)

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。